デッドゾーン (1983)

交通事故のために超能力をもつようになった青年が、世界が破滅する危機を阻止しようと必死になるというSFスリラー。監督は、デイヴィッド・クロネンバーグ。スティーヴン・キングの原作をジェフリー・ボームが脚色。撮影はマーク・アーウィン、音楽はマイケル・ケイメン、特殊効果はジョン・ベリューが担当。

監督:デイヴィッド・クロネンバーグ
出演:クリストファー・ウォーケン、ブルック・アダムス、トム・スケリット、マーティン・シーン

デッドゾーン (1983)のあらすじ

高校の英語教師ジョニー・スミス(クリストファー・ウォーケン)は同僚のサラ(ブルック・アダムス)とデートし、彼女と別れて帰宅する途中交通事故に合い、深い昏睡状態に陥る。そして、5年後。ウイザック博士(ハーバート・ロム)の診療所で目を覚ました。「サラは他の人と結婚したよ」という母の言葉に絶望するジョニー。ある朝、ジョニーの手が看護婦の腕を掴んだ。そのとき、彼はショックを感じた。部屋の隅で火に包まれて少女がなき叫んでいる。「エミーが泣いている。家が火事だ」という彼の言葉に看護婦が家へ駆けつけると消防士に助けられ泣きじゃくるエミーの姿があった。ジョニーには離れた場所で起きていることを感知する能力のほかに過去を見通すこともできることがわかった。彼の元へサラが子供をつれて訪ねてきた。その後、ジョニーは実業家スチュアート(アンソニー・ザービ)の息子で自閉症ぎみのクリストファーの家庭教師となった。池のなかに沈むクリストファーの姿を見たジョニーはキャンプ行きを止めた。その翌日、新聞で2人の少年がキャンプで溺死したことを知り、自分には未来を知るだけでなく未来を変えることもできるのだと悟る。サラとその夫ウォルトは上院議員候補グレッグ・スティルソン(マーティン・シーン)の選挙運動を手伝っていた。演説会場にいったジョニーは、大統領になったスティルソンが核ミサイルの発射ボタンを押す<ヴィジョン>を見た。未来の惨劇を防止するため、ジョニーは彼を殺そうと考え、ライフル銃を手に二階に隠れる。演壇に立ったスティルソンに狙いをつけた。スティルソンはサラの子供を頭上に掲げて弾よけにした。シークレット・サーヴィスに射たれたジョニーは一階に落下する。スティルソンの腕を掴んだジョニーは未来を透視した。拳銃をつかむ男の手。拳銃の下には子供を掲げたスティルソンの写真がカヴァーになった『ニューズ・ウィーク』があった。銃声がし、血しぶきがカヴァーにかかる。彼の政治生命を断つことに成功したことを見届けて、ジョニーは息を引き取った。

  • コメント: 0

関連記事

  1. コミュニオン/遭遇 (1989)

  2. ブレインストーム (1983)

  3. 戦争の犬たち (1980)

  4. ロンリー・ブラッド (1986)

  5. 007 美しき獲物たち (1985)

  6. ブルースが聞こえる (1988)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。