ゴッド・アーミー/復讐の天使 (1998)

オスカー俳優クリストファー・ウォーケンが悪の天使ガブリエルを再演。

監督:グレッグ スペンス
出演:クリストファー ウォーケン、ブリタニー マーフィ、ジェニファー ビールス

ゴッド・アーミー/復讐の天使 (1998)のあらすじ

善と悪それぞれの化身が再び地上に降臨し、人類を巡る戦いを繰り広げる。人類が生き残るための唯一の望みは、一人の純真な女性(ジェニファー・ビールス)のまだ生まれぬ子供だった。

ゴッド・アーミー/復讐の天使 (1998)のストーリー

人間を愛する神に嫉妬した天使が引き起こした第2次天国戦争。その戦争を終わらせた人間トーマス・ダゲットは今もなお天使の影に怯え、今は刑事をやめ修道院に暮らしていた。

ある晴れた日、ヴァレリー・ロザレスの乗った車に男が落ちてきた。状況もわからないまま彼女は彼を病院まで付き添っていく。彼は即手術室に運ばれることとなった。心配するヴァレリー、そんな彼女の手に落ちてきた男がそっと手を差し伸べ、「心配は要らない」と囁く。その言葉の通り彼はほとんど無傷だった。彼は彼女に「ダニュエル」という名だと伝える。彼女は彼の看護を手伝うことにした。

ある晩、修道院のトーマスの部屋から叫び声が聞こえてきた。心配した司教は部屋に入ると目を疑った。部屋には聖書の各ページがいくつも貼られ、いくつもの十字架やろうそくが立てられていた。その中にトーマスが倒れていた。「彼が戻ってくる…」。その頃一人の黒いコートを着た男が地面にキスをあてた。「ガブリエルよ蘇れ。お前達の戦争に地獄を巻き込むな」。そう言って男はその場を立ち去る。その瞬間地面は引き裂かれ一人の裸の男が現れる。死の天使ガブリエルが地獄から蘇った瞬間であった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ラスト・キングス (1997)

  2. パルプ・フィクション (1994)

  3. スリーピー・ホロウ (1999)

  4. キング・オブ・ニューヨーク (1990)

  5. マクベイン (1991)

  6. 迷宮のヴェニス (1990)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。