ラスト・キングス (1997)

誘拐された元マフィアのボスが犯人たちを翻弄!疑心暗鬼が飛び交う心理サスペンス。ピーター・オファロン監督のクライムサスペンス。

監督:ピーター・オファロン
出演:クリストファー・ウォーケン、ショーン・パトリック・フラナリー、デニス・リアリー、ヘンリー・トーマス、ジェレミー・シスト、ジェイ・モーア

ラスト・キングス (1997)のあらすじ

妹が誘拐され莫大な身代金請求を受けた仲間の少年を救おうとする、富裕層の10代の少年たち。彼らは元マフィアのボス(クリストファー・ウォーケン)を人質、に取り、多額の現金を調達しようと企てた。だが人質の立場ながら洞察力に優れたマフィアのボスは、逆に誘拐犯の少年たちのほうに心理的プレッシャーをかけていく。

  • コメント: 0

関連記事

  1. マクベイン (1991)

  2. アディクション (1995)

  3. トゥルー・ロマンス (1993)

  4. キング・オブ・ニューヨーク (1990)

  5. ゴッド・アーミー/復讐の天使 (1998)

  6. ゴッド・アーミー/悪の天使 (1995)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。