スリーピー・ホロウ (1999)

伝説の首なし騎士による連続殺人事件に挑む捜査官の姿を描くゴシック・ホラー。監督はティム・バートン。原作はワシントン・アーヴィングの古典『スリーピー・ホローの伝説』(新潮文庫『スケッチブック』収録)。脚本はアンドリュー・ケヴィン・ウォーカー。撮影はエマニュエル・ルベツキ。音楽はダニー・エルフマンはバートン作品の常連。

監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップ、クリスティーナ・リッチ、クリストファー・ウォーケン、ミランダ・リチャードソン、クリストファー・リー、マーティン・ランドー

スリーピー・ホロウ (1999)のあらすじ

1799年。ニューヨーク北方の寒村スリーピー・ホロウで首なし連続殺人事件が発生。科学捜査に賭ける下級巡査イカボッド(ジョニー・デップ)は事件の捜査のため同地に派遣され、宿を提供した大地主バルタス(マイケル・ガンボン)ら村の長老から、南北戦争時に悪名を馳せた首なし騎士(クリストファー・ウォーケン)が殺人を続けていると聞かされる。にわかには信じがたい話だったが、首なし騎士はイカボッドの前に姿を現して村の重役連を血祭りにあげていく。一度はおじけづく彼だったが、バルタスの娘カトリーナ(クリスティーナ・リッチ)と殺された父の復讐を誓う少年ヤング・マスバスの協力を得て首なし騎士を探すべく、森へ踏み込み、ついにその棲み家である怪木を発見。イカボッドは誰かが騎士を操り、特定の人間を殺していると推理した。調べを進めるうちにバルタスが村の長たるヴァン・ギャレット家の遺産を狙っていたことを知るが、その彼もカトリーナの前で殺された。カトリーナは気絶するが、床には魔術の“呪いの眼”が書かれていた。イカボッドは彼女が犯人だと思い、村を立ち去ろうとする。だが、真犯人はバルタスの後妻ヴァン・タッセル夫人(ミランダ・リチャードソン)だった。かつて村民に村を追われた魔女の娘である彼女は、首なし騎士を利用して復讐の機会をうかがっていたのだ。かくして真相を突き止めたイカボッドはカトリーナを救出し、夫人ともども首無し騎士を地獄に送り返して、事件を解決するのだった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 迷宮のヴェニス (1990)

  2. ゴッド・アーミー/復讐の天使 (1998)

  3. キング・オブ・ニューヨーク (1990)

  4. アディクション (1995)

  5. トゥルー・ロマンス (1993)

  6. バットマン リターンズ (1992)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。